HOME > 性能でみる私たちの家づくり > 遮熱性能

遮熱性能

ECO HOUSEは、外気の熱を8.2時間蓄え、遮る

外気温の影響を室内が受けるのは8.2時間後 

 

  

ECO HOUSEで使用される断熱材は、木からできた断熱材です。木は2100J(ジュール)というエネルギーを吸収する特性をもっています。
これは、化学(合成)系の断熱材などに比べ大変高い性能であり、木だけがもつ特別な性能です。

そのため、外気の熱が壁の中に侵入しても、その熱を木の断熱材が吸収してしまい、室内になかなか熱を出しません。その吸収し続ける時間が、8.2時間という長い時間なのです。
ECO HOUSEでは、Keep8.2時間という驚異的な時間を最低限の性能として実現するために、木製繊維からできた環境断熱®ECOボードを採用しています。2100Jという熱容量をもつ木からできた断熱材ECOボードを120mmもの厚さで採用することにより実現した『Keep8.2 h』。
ECO HOUSEだけの特別な遮熱才能です。

 

 

 

株式会社ドムスホームへのお問い合わせ〜見学会についてや、設計・お見積りのご相談など、お気軽にご連絡ください。
〒515-0019 三重県松阪市中央町384-1 OZビル1F
TEL:0598-51-2353 FAX:0598-51-0623
インターネットでのお問い合わせはこちら
トップページドムスホームの家 7つの特長断熱材を考える
ギャラリー施工事例使用禁止部材
性能でみる私たちの家づくりエコハウスって何?ドムスホームの家づくりへの想い
よくあるご質問ドムスホームスタッフBLOG
このページの先頭へ戻る