HOME > ドムスホーム 社長ブログ
  • ブログTOP
  • 社長ブログ
  • スタッフブログ

社長ブログ

いつもブログをご覧いただきありがとう御座います。

                            、 

先日の見学会、

「一歳のお孫さんと至福の一時を 過ごす別荘」

おじいちゃんが嬉しそうに至福の一時を

過ごしていました、

                                  

 私も将来こんな一時が送れるようになりたいです。

  

                              、

IMG_2420.JPG

 

 後ろでおじいちゃんがやさしく見守っています。

 

 

IMG_2410.JPG

 

やんちゃ盛りで目が離せません。

 

 

DSC02071.JPG

 

 

絶景がポイントなので正面の格子は最小限度です。

寝転んでも海が眺めれます。

 

 

一泊5万円の宿でもこの贅沢は味わえません~!

 

 

DSC02125.JPG

 

 

青森ヒバのサウナです、青森ヒバには

ヒノキチオールが含まれていて、

(檜には含まれていません、)

リラックス効果や抗菌殺菌作用があります。

 

 

贅沢の極みみたいです。

当社の標準のお風呂も青森ヒバを使用しています。

 

 

絶景に囲まれてお孫さんと過ごす、、。

いいな~!

 

 

    by  谷本

 

 

追伸:遠方にもかかわらずお越しいただき

   感謝申し上げます、

   ありがとう御座いました。

 

断熱の基本は「ズバリ屋根です!」

 

 屋根を如何に断熱するかで家の長命化、

住みやすさが左右される要因の一つです。

 

 それなのに、見落としやすい場所でもあります、

高断熱と説明しておいて屋根断熱は行わず、

天井断熱で止めているHMも有りますね、、、。

 

天井屋根断熱図2.jpg 

 屋根の事は気が付きにくいと言うか、

身近な、床とか窓とか玄関とかに

気が取られて、屋根に意識がいきにくいです

当然床や窓も大事ですよ。。

 

 夏でも冬でも一番外気温の影響を受けるのが

屋根です、半端では有りません。

 

そこで、これが建物にどう影響するか

簡単にご説明すると、

 

 古い家でよく屋根が波打っている光景を

見かけると思うのですが、

あれは色々原因がありますが、

 

その原因の一つとされているのが

 

 夏の強い日差しにより小屋裏の温度が

異常に高くなり蒸れてしまい、

 それによって湿度も高くなります。

 

おまけに水蒸気もビニールハウスの様に

抜けないから結露が発生して、屋根の下地が

濡れて朽ちてくる現象です。

 

 では、どうすれば小屋裏の結露を防ぎ

そして、蒸れて湿度の上昇を防げるか?

 

 感の良い方は、もうお分かりと思いますが、

 

天井断熱ではなく、屋根断熱を行ない

小屋裏から水蒸気が外部に抜けるように、

屋根材料(下地材・断熱材・ルーフィング等)で

水蒸気を止める素材は使わないことです、

 

 水蒸気を止めないとは、ビニールハウスの

様にしないと言う事です。

 

 例えば屋根によく敷くルーフィング材は、水蒸気を

通さないものがほとんどです、これではダメです。

 水蒸気を通すルーフィング素材のものは日本にも

あります、

 

因に当社使用のルーフィングは

ルーフラミテクトRXです、

http://www.seiren.com/products/housing/housing_div/rooframitekuto_rx/

 少し値段も高いのですが結露することには

変えられません、

 

IMG_1821.JPG     ルーフィングを屋根全体に敷き詰めた後、↑ ↑

   下地を施工して、

                                       

    屋根瓦を施工致します。 ↓ ↓

IMG_1822.JPG

        

 参考までですが、日本には外部に使う素材の

透湿基準は有りません、

(ないどころか知っている人すら少ないです)

 

 ドイツでは透湿素材を使用するのは義務化です。

 

 それ以外にも屋根断熱を行ない

透湿性が有る物を使いたいものですね

出来れば屋根は外張り断熱+充填断熱

にしたいものです。

(又、外張り断熱は詳しく ご説明させて頂きます)

 

 

なかなか屋根の断熱まで意識がいかないので、

小屋裏は夏暑いのが当たり前で、意識すら

していない人が殆どです、それもプロですらです。

 

 屋根断熱を行ない透湿性の有る物を使うと

家の温度環境が一変します、特に2Fが!

 

それと、断熱材に使用する素材で、

自然素材系は石油系の断熱材に比べて断熱材自体が

熱しにくく冷めにくいので

自然素材系を使われた方が良いですね。

 

 

夏の夕方から夜にかけて、石油系の断熱材は、

断熱材の中に、こもった熱を放射し始めるので、

2階・小屋裏に熱を放出し始めるので、

たまったものでは有りません!!

 

 

 自然素材系の断熱材で、断熱を行ない

透湿系の素材を使用すると、小屋裏を収納に使ったり

ロフトとして使えたりと、

 

 お値打ち費用で収納とか部屋が手に入ります

とってもお得です。

 

 それにあと少し手を加えると、

外気温が36度で、

なんと室内の1階の北壁とロフトの天井の温度差が

±1度の室内環境になります。

 

 初めて測った時私もびっくりしました。

 

あと少し手を加える? 企業秘密です。。。W

 

  特に日本基準の高断熱にしても全くダメです!!

特に夏の夜は最悪です。

 

 

 当社施工の現場でご確認頂けます、

 

5月24日・25日は完成見学会です

是非ご参加下さい。

 

 ご参加の方には、あと少しの企業秘密レシピ

お伝え致します。

 

 論より証拠是非お越し下さい、、。

 

 追伸:書いていると次から次へと

           絶え間なく言葉が湧いてきて

    長文にて失礼します。

 

    しかし、書き足りません断熱は奥が深いです、、、。

    そこで、HP本文の中にコラムか何かを

    立ち上げて近日中に分かり易く書き足します、

 

    分からない方、何なりとご質問下さい。

    ご興味のある方、読んで頂けたら幸いです。

ブログを書くのは本当に久しぶりです、

 

これからは週1ぐらいで頑張って書きたいと思います。

 

ようやく消費税の駆け込みが一息ついた感じですね。

 

どこの業界もそうですが、職人不足で

現場は大変です。職人に頭を下げて

下げてお願いして仕事を依頼する。

私はそれがいやでいやで出来れば避けたいものです。

 

 私も今年で独立して早いもので25年たちました。

その中で忙しいとき、暇なとき色々経験しました。

 

その中でも夜も寝れない位辛いの事は、

 無茶苦茶忙しいときです。

本当にまともな職人が集まらないです。

 

 そうするとどうなるか素人の方でも

予測がつくと思いますが現場は荒れやすいです。

 

 

お客さんには、当然荒れていることなど

現場の人は口が裂けても説明致しません、

 

 

一般的にはお願いして仕事をして頂く

当たり前の事ですが、

 

 

 私の流儀と少し違います。頭を下げたおして

お願いして仕事をしていただくと、

どうしても仕事が荒れる確立が高くなります。

 

 

一人が荒い仕事をすると次の工程の職人が良い仕事を

したくても出来にくくなります。どうしても

荒れてします。

 

 

素人さんには正直、荒れた仕事

いい仕事の見分けが付きにくいですが、

私たちプロは一目瞭然です

(あくまで私の経験です。)

 

 

仕事を職人さんにして頂く時は、あくまで

対等が基本です。上も下も無い関係です。

私の目指すスタイルは職人さんと対等の立場で

仕事を進めるスタイルです。

 

 

仕事をやらせて上げている、と言うような

上から目線では、長続きしないし

良い仕事は出来ないと考えています、

逆はもっと仕事が悪くなると考えています。

 

 

それが業界全体がむちゃくちゃ忙しいと崩れる、、。

やはり特に今年に入って4月まではむちゃくちゃ

職人さんは忙しかったみたいです。

 (今も一部の職種は忙しいみたいです)

 

 

 だから無意識のうちに営業活動を

自粛していたのかな、

言い訳っぽいですかね?ごめんなさい)

>実は文章書くのが大の苦手です!WW <

 

 

 建築家・建築会社としては

人手不足のときに建築は避けたいものです。

 

 

いい仕事が出来ないし、高くなるし工期は

延びるはお客さんに迷惑は掛かるわ、

何一つ良い事がありません。

 

品質管理の基本中の基本ですね!

 

 

経営的にも全く良くありません、

 

しかし、そろそろ一息ついたみたいなので

営業活動を行います、別の意味で

経営的に良くないのでWW、、。

 

 少しゆっくりしすぎたので、この

2~3ヶ月は少し飛ばして営業活動を

行います。

 

お得なキャンペーンも行います。

乞うご期待!!

 

皆さんご協力宜しくお願いいたします。

 

 

 手始めに、今月中旬にオーナーハウス

(オーナーハウス見学会とは、現在

お住まいのお家を見学していただく)

 

見学会を津市で行います。(予約制)

詳しい内容は近日中のブログでご案内いたします。

 

 

 オーナーハウス見学 5月17日(土)午後予定 

限定 先着数組です、申し訳御座いません。 

 

 

それから、5月23・24日に完成見学会を

少し遠いですが鳥羽で行います。

 

 

 この住宅は見所が沢山あります。

当社で初めてが幾つか有ります。

次回のお知らせで詳しく書きます。

少し遠いですが一見の値打ちは十分あります。

 

 

次回のブログ「断熱の秘密に迫った」 その1を

書いてみたいと思います。

 

断熱は住宅性能の基本中の基本です。

耐震強度は数値とかで分かりますが

断熱性能は専門家でも難しいです。

 

 

 初めからスベラナイように頑張って書きます。

でも難しい事も書きます。

(面白くないかも、ごめんなさい)

 

是非期待して下さい。

 

文章を書くのは苦手で嫌いですが

頑張って書きたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとう御座います。

 

 

オーナーハウス見学。ご予約 

限定 先着数組です、申し訳御座いません。

 info@domshome.jp

お名前・希望日時をメール下さい。

 

7月6、7日と完成見学会を行いました、

暑い中 沢山の方にご来場頂きありがとう

御座いました。

 

本当に暑い2日間でした、建物の中はエアコン無しで

外は36度ぐらいまで有りました、本来なら室内は

特に屋根の直下の天井なんかは暑くてどうしょうも無いのに

体感温度は27~29度ぐらいとみなさんに仰って頂きました、

 

 

P1010627 (600x450).jpg

 

 

 

 実際にレーザー温度計で図ると1階の床・壁 天井は

30~31度 温度差なんと±1度 ありえない事が

起こっていました、特に屋根の直下の天井が室内の

北壁とほぼ同じ温度、

 見学に来て頂いたお客様もびっくりされていました。

 

断熱の性能が抜群と実証された一幕でした。

本当に暑い中お越し頂きありがとう御座いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013/06/12

お誕生日会

昨年完成致しましたお家の1歳の誕生会に

ご招待頂きました、 

 

  IMG_1261 (900x675).jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 知り合いのケーキ屋さんに図面写真をお渡しして作って頂きました。

  

IMG_1264.JPGのサムネール画像

 

お施主さんのウクレレライブです、初めて半年とは思えないぐらい

上手でした、

でも、ご夫婦とても楽しそうで聞いていて心があったかくなりました。

 

 

IMG_1266 (675x900).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからもこんなに楽しいなら来年も行う事約束しました。

 楽しい一時ありがとう御座いました。  谷本

業界新聞で気になる記事が有ったのでご紹介させて頂きます。

 

 「断熱向上で病気の発症を減らす」

昔から寒い家は短命と言う方が見えますが、

 

SKMBT_C25013052015420 1.jpg  

SKMBT_C25013052015381 (634x900).jpg 

 日本の古き良い住宅が継承されない原因の一つに寒さが有ると思います。

 

 しかし、断熱機密を気にするあまり湿度が上がりすぎてカビだらけの家になり、

もっと健康に悪い家にならないようにしないとダメですね。

 

 ではどうすれば良いですか、HPの本文に書いてありますが、家の中から外に

水蒸気が移動する様な造りにしないといけません。

日本の建築では殆どの家が今だに出来ていないのが現状です。

 

                   5月11日のブログより。

私は今までに太陽光発電の設置はあまりしたことがありません。

しかし急にどでかい太陽光の設置を次々に行うようになりました。

この現場は、17KW超です。一般住宅の約5倍ぐらいです。

 

2013-05-01 09.49.56 (250x188).jpg

 

やはり原発0を目指したいです!!

福島原発を見ていると理屈抜きで太陽光を推進いたします。

 

IMG_26632.jpgのサムネール画像

 

17KW超の太陽光を載せるのにプラン苦労しました。

しかし、最高のプランが出来ました 写真では分かり

づらいですが、私も今までに何百軒と家を建てましたが

間違いなくベスト3に入ります。プランがしにくい家が

最高の間取りが出来るおかしな話ですが、

 

 9年前にドイツへ勉強に行った時ドイツではちょうど昨年の

日本みたいに太陽光推進の時で大きな太陽光を載すための

研究もされていました。それが参考になってます。

 

IMGP0865 (300x225).jpgのサムネール画像

    (フライブルグ・ゼロエネ実験の街)

  

 

間取りの何処が良いか、簡単に少しだけ説明しますと

夏はリビングでは南側でカーテンを殆どの家庭では

閉めています。そうすると、薄暗く感じます。この家では

そのストレスを解消しています。カーテンを閉めていても

明るいです。  無冷暖房住宅に近づいたかな?

 

 この御宅は完成現場見学会を密かに行う予定です。

         (6月末~7月始め)

   是非お越し下さい。 

                   

2013/04/12

家内とデート

先日(4.3)の休日に家内と京都へ桜を見に行って来ました

祇園を歩いていると平日にも関わらず人・人・人ですごい人です

外国人の方が日本人よりも多いなと感じました、円安の影響もあるみたいですね

 

2013-04-03 13.54.20 (225x300).jpg

 

少し痩せました、1~2ヶ月で6キロ痩せました(病気ではありません)

しかし、まだ81キロです78キロが当面の目標体重です。

 

  2013-04-03 13.20.33 (225x300).jpg

美味しいものが目の前にあっても、さみしいです、、、。

でも古びた家でのランチはこの上ないご馳走です、

 

狭い空間での建築、なかなか面白いです

中庭利用して、光と風を上手に取り込む

狭小地ならではの面白みですね

.

火事になると大変ですね、軒が連なっています

軒並み 燃えるとはこの事ですね。

 

  谷本

昨日長期優良住宅、エコポイント申請を行いました、

それに伴い年間暖冷房負荷計算を行ったら、何と

凄い数字が出ました、給湯器等で数字を上げるのでは

無く、建物本体性能だけで基準を大幅に上回りました。

 

 計算は東京のある技術者集団とコラボして行いました、

そこは全国500社ぐらいの会員を有しております、(年間1200棟)

 そこの社長曰く私は北海道も含めて色々な会社のデーターを

見ております、しかし、この建物の性能は一番ではないか。

と、嬉しくなるお言葉を頂きました、

 

 今申請中ですので、早ければ年末にも許可が下ります、

それから、はっきりとした数値等をお伝えしたいと思います、

 

 その社長に是非三重に来て話をして欲しいと申し入れると、

時間さえ合えば三重県でセミナーでも何でもしていただける

との事でした、これは私も楽しみです。

 

 1月には行いたいかなと勝手に思っています。

 また決まりましたら御案内申し上げます。

 

                        BY  谷本

 

  

一月末に嫁入りが決まりました、

 ふつつかな娘ですが宜しくお願い致します。

          PICT0006.JPGのサムネール画像のサムネール画像

          

 

 今まで何も気にせず使っていた展示場、いざ売却となると

娘を嫁入りの気分とまでは言いませんが、複雑な思いです。

 後一ヶ月半で使えなくなるかと思うと今まで気にもしていなかった

事が、、、よくよく見るとカッコいい建物です、ありがとうの一言です。

 今思うと大変な事嬉しかったこと、色々思い出が有ります、

 

         22501-Domus-050924_H.jpg

 

しかし、今度住まわれる方はその思いを引き継いでくれる方と信じてい

ます、その方は5年前に家はドムスと決めていた方です、それにお仕事で

詳しくは言えませんが、以前の部署が新築物件に携るお仕事の方です、

 新築に携った数1000棟以上です、それでドムスに決めたと仰っていた

だきました、ありがたいの一言です、

 

 しかし、そこで素直になれないのが父親です(笑い)

 ふつつか者ですが宜しくお願いいたします。

 

   見学又は、宿泊体験御希望の方はお早めに御予約お願い致します。

 

         22504-Domus-050924_H.jpg

6月に入り暑い日が続きますが、、、

この現場では外部建具(木製サッシ)がまだ付いていません、

前もブログで書きましたが発注して4~5ヶ月は到着までに掛かるので、

家の中で仕事する大工さんは大変です、当然普通の家なら今の時期窓を

閉め切って仕事するなんて考えれませんが当社のエコハウスは

閉め切って仕事しています、それもロフト(屋根の直下)で

 

しかし、好きで閉め切っているわけでは有りません(笑い)

何時もながらこの凄い性能には大工さん含め皆さんびっくりです。

P1000488.JPGのサムネール画像

 窓の所は白い紙(防水透湿シート)が張られています。

 

でも後、数日で窓がドイツから入ってきます、(今週末)

その後構造見学会を開催予定です、

今度の見学会は御両親の為の構造見学会にしたいです、

 この現場もお施主様がお若いせいか、御両親お爺さんが

頻繁にお見えになります、私が逆の立場なら当然そうします、

 

P1000486.JPGのサムネール画像

そこでエコハウスの心臓部とも言うべき内部を公開する事に決めました、

当然重要な所の公開なのでチラシはまきません、DMも控えめに

致します、おそらく今回限りになると思います、

 

これに参加すると何が分かるか?

 サッシが取り付けたばかり、壁との取り合いが見れる。

 断熱材がどのように入っているか?

 2階の騒音対策はどの様に行われているか?

 まだまだ沢山有りますが、

 

  当日希望者の方には私が御説明させて頂きます

  (少しくどいですけど、、)

 どうしても構造の話しになると熱が入ります、

 

 高気密高断熱での一番のクレームは夏暑いです

その答えは

高断熱にするとその断熱材が蓄熱材に変わり、

家が魔法瓶のようになり夜も朝方まで暑いとクレームが多いそうです。

 しかし、これは全ての高気密高断熱の家の事を

言ってるわけでは有りません。

 

では何故ドムスの高気密高断熱は夏ひやりとするのか、

貴方の肌で感じてください。

 

 その他色々原因が有ります当日現場に来ていただければ

詳しく御説明させて頂きます、資料も準備いたします。

 

  たまに施主さんのお父さんがプロの方もお見えです

 それとか御本人が大手の大工さんだったり、とか。

 そんな方も御遠慮なくお越し下さい。

 (同業者の偵察、視察はくれぐれもお断りさせて頂きます)

 

 今回は大工さん左官さんも現場に居てもらいながら行うかも?

予定です、職人さんの人間味に触れるのも面白いのでは。

 

追伸:又とない機会です是非お越し下さい。

  当日はカンカン照りの暑い夏の日になりますように。

 

 

                             BY 谷本

 

P1000484.JPG

本日営業の西山さんとヒメシャラにコーヒーを飲みに行って来ました、

土曜日と言うことでご主人もお家でリラックスされていました

昨年の暮れに引き渡しをさせて頂いたお家も元気に立ってて

凛々しく頼もしく見えました。

 

P1000470.JPGのサムネール画像

 

早速店内に入りオーガニックコーヒーを頂きました。

P1000471.JPG

 

私はコーヒーは好きで1日に3~5杯は飲みますが、

独特の味で又飲みたくなる味でした、

店内も品数も増えてきて見ているだけで楽しいです、

 

P1000473.JPG 

 

下の写真の左が美人オナーです、右の男性は

障害者支援施設、こいしろの里の職員さんです、

  オナーのアッコさんがファイテングポーズをとっていますが、

これは私のシャッターを押すタイミングが悪かっただけです、(ゴメンナサイ)

 

P1000476.JPG

 

下の器をヒメシャラで置いてくださいと頼んでいるところです、

障害者の方が一生懸命造ったそうです、

P1000475.JPGのサムネール画像

特別価格で売っています、皆様も是非どうぞ、

私も特別価格で買ってきました、障害者の方が造っている

 何かに捕らわれず自由に造っているのが気に入りました、

素敵な器です。

 

   P1000481.JPGのサムネール画像

当社のテーブルの上で器も満足そうに置かれています。

 

    BY 谷本

ヒメシャラのHPです:

http://r.goope.jp/himeshara

先日(6.9)家内と日本画展に行って来ました、

展覧会と言うと、どうしてもデパートとか都会を想像しますけど、

度会郡大紀町阿曽ほんと田舎で 静か~な村です、

P1000456.JPGのサムネール画像

 

家内は絵を描いたりするので日本画を見入っていました、

しかし、私はどうしても建物とか庭に目が行きます、

 そしてこの建物55歳ぐらいなのに全て外部が木製建具です

感激です! 庭も最高です、素晴らしいもみじ、

犬ものんびりお昼ねです。

 

P1000467.JPGのサムネール画像

 

P1000461.JPG

それも、すばらしいコンデッションです、

網戸も雨戸も木製です、全てが当時のままで何も修理をしたかどうかは

不明ですが、木製建具が残っている使われている、

心が嬉しくなる楽しい、展覧会でした。

 

 その後ご主人の案内で近所の山に登り湧き水を飲ませて頂きました、

遠方からもここに水を汲みに来ているみたいです、

 

P1000458.JPGのサムネール画像

ここをお借りしてドムスでお客さんと企画して食事会でも出来ると嬉しいですね~。

魚釣り、川遊びもも出来るし、 キャンプは??

 

当社の建物をご覧になって必ずと言って良いほど、

お風呂は腐らないの?カビないの?と質問が有ります。

先日1年半くらい前に引越しされたお宅に伺った時の写真が

下の写真です、

奥さん曰く「朝になるとカラカラに乾いています、カビるとか

腐るなんて考えたこと有りません、掃除も楽です」

 

P1000451.JPG

私も始めて見たときは造るのが大変そうなお風呂と思いました、

やはり大変でした、初めのころは失敗も色々有りました、

それから改良して改良して、今では胸を張って心配有りませんと言えますけど、

 

 しかし、どんなに苦労してもユニットバスにだけは戻るきは

しませんでした、  

 これはエコハウスのコンセプトでも有りますけど、

丈夫で長持ち、床は天然の石、天井、壁板は青森ヒバ、

これ以上の素材が有りますか?

ヒバの香りがプ~ン最高です、この上ない入浴気分です。

 

 三雲展示場で入浴とか宿泊が体験出来ます、もちろん無料です、

御希望の方はTEL,メール等にてお申し込み下さい、是非お待ちしています。

 

PS:先日まで2週間ぐらい風で体調を壊していました

   ブログをだいぶさぼっていました、

   2週間も体調を壊すのは記憶にありませんが、、、、

   しかし、会社は一日も休まず出社していました。

   体を壊さないように頑張ります。

 

2010/05/02

天が見方。

4月30日の上棟が無事終わり一安心です、

かれこれ400棟は建てたかな?

しかし毎回大丈夫は分かっていてもそわそわして

現場に行ってしまいます。

 

幸い30日から天気だし、これから少しの間天気が持ちそうで、

天が上棟を喜んで、「天が見方です」。。

 

P1000446.JPG

屋根がおおかた終わり大工さんも一安心です。

上棟は屋根が終わるまでは気が抜けません、

当社のエコハウスは大工さん泣かせです、

屋根勾配が急だし(8寸)、外張り断熱で、

屋根垂木は90ミリと通常の2階のサイズだし、

やることが多いとぼやいています、

 

しかし、本日も大工さんと「建つとカッコいいな~」と、

二人で見とれていました。

 

 BY 谷本

 私の散歩コースに景色と調和したお家が完成まじかです。

(5月22、23日完成見学は津市で行います、)

このお宅は一言で言うと、

2階のどの窓からも桜が見える。

2階のお風呂からも桜とお星様が見えて

最高の眺めです、ベランダが2箇所。

 設計が外観との調和に特に気を使っていました、

  P1000424.JPG

 

P1000425.JPG

 1階のリビングも南のすぐそこにお家が建っているのに

採光も確保出来ました、

 とにかく見所満載です、

外観もカッコいいです。

 外観の写真は今良い写真が無いので、

 次回のブログに載せます、お楽しみに。

 

  BY 谷本

 

 

 

 

2010/04/27

5月のイベント

5月は3回もイベントを行います、

 

イベントといっても内輪でこじんまりと

行います。

5月2日     オーナーハウス見学会 津市

5月8日     オーナーハウス見学会 一志

5月22,23日 完成見学会(DMのみ) 津市

 

PICT3330.JPGのサムネール画像 

 まずは5月2日、オーナーズハウス、

当社で始めて

屋根断熱をトリプルにされたお家です、

壁はダブルですが、そのおかげで、

夏はロフトにつけたファンだけで、

エアコンは殆ど使っていないそうです、

冬も本当に暖かく過ごせているそうです。

 

  

 

桜が綺麗な季節になりました、

妻と久しぶりのドライブです、

一緒に車に乗ることはありますが、ドライブはひさし振りです。??

柳原の観音さんでおみくじを引きました。

 

P1000418.JPGのサムネール画像 

 なんと大吉! これは春から縁起がいいです。

 

P1000419.JPG

 

しだれ桜がとても綺麗でした、立っているのは妻です、

 もう少し近くで妻を見たい??

OKが出たら近くの写真を出します。

P1000423.JPGのサムネール画像

 

とても美しいもみじです秋のもみじも美しいですが、 

春のもみじもとても緑が美しいです、ついつい写真を

ブログを始めてどこかに行く時もデジカメが離せません、

おかげで少しは写真がうまくなりました、

 

 おみくじで大吉嬉しいですね、

それから、美味しいコーヒーを飲んで帰りました。

たまには奥さん孝行も良いですね。

 

         BY  谷本

 

先日着工した現場の基礎の配筋(鉄筋)が

4月11日日曜日に見れそうです、御希望の方は

担当者まで御連絡下さい。

 

P1050777.JPGのサムネール画像 

   (参考写真)

 

あわせて、すぐそばの以前当社で立てて頂いた、

お家も見学できます。(予約要)

   ↓  ↓  ↓

dc040601.JPGのサムネール画像

    とっても可愛い、マナカちゃんでした。

2010/04/03

着工です。

本日より着工です、丁張りの完成です。

 

P1000405.JPGのサムネール画像

 

すぐ近くで、以前当社で建てた家の外構が可愛く出来ていたので

ついつい写真を撮りました、外構もですが女の子が大きくなって

可愛くなっていて懐かしかったです。

P1000410.JPG

P1000380.JPG

 

今朝家を出る時庭の梅が綺麗に咲いていたので写真をとりました。

 毎日目にしているのに何故、今朝は写真を取る気になったのか?

まあ気にしない、、、

 本日は久しぶりの上天気かな、それと、昨日待ちに待ったサッシが入り、

無事取り付け完了、、毎度の事ですが毎回サッシの取り付けは気になります、

来るのが発注から4~5ヶ月かかり現場は落ち着かないし、

 通常日本のサッシなら電話一本でサッシやさんが取り付けてもらいます、

ジャーマンウインドウは、商社も間に入っていないので自分たちで取り付け、

本当に大変です、

 しかし、終わった後は梅が綺麗に見えたので

嬉しい気分になりました。   感謝

 

                          BY 谷本

VSGが安くなるようにドイツの

メーカーに交渉中でした、

しかし、まだ分かりません、直接交渉なので

色々有りますから、 (言葉の壁とか、、)

 

このVSGは優れ物で日本基準とやはり違います、

以前工事中の現場に泥棒が入ろうとして

鉄パイプで何度となく叩いても割れることは割れます、

しかし、貫通しないのです、泥棒もあきらめました。

 

私たちもハンマーで10回程度叩いても

当然割れますけど、貫通しませんでした。

 

サッシ(ひび).jpgのサムネール画像 

 

 

 

 

 

         

完成見学会御来場有難う御座いました。

本当に沢山の方にお越し頂き感謝です、

来場者数 約80組、重なってしまい正確な数は不明です。

私も2日間終日接客させて頂き、

楽しい一時を過ごさせて頂きました。

 

見学会でこんなに来て頂いたのは最近は有りません、

何故こんなに沢山の人が来場してくれたか??

中には御近所なので、友達だからとか、

しかし、真剣に御検討中のお客様が沢山お見えでした、

やはりデフレの時代とは言え

「高性能で信頼できる家、」

「不器用だけどまじめに取り組んでいる」

キーワードはこれですかね。

私が接客をさせて頂いて感じました、

 

中には断熱のことなど、事細かに調べている方などもお見えでした、

「新聞の再生紙を使っているのはインクなんかが良くない」

「石油系の断熱材ですと、火に弱く、火事の時に有毒ガスが出る」とか

ドムスの断熱は木100%一切他のものは使用していないです。

 

でも一番質問が多かったのは、

木製サッシのメンテナンスとか、

木の窓枠腐りませんか?

 

 5年前にエコハウス研究会でドイツに訪れた時の

ホテルの写真です。

IMGP0778.JPGのサムネール画像    

 

当然木製サッシです、綺麗でしょう。

 

IMGP0779.JPGのサムネール画像 

ホテルの外観です。↓ 

  

当社の使ってる木製サッシとよく似ているので写真を撮りました。

 

 木が腐るか?当然心配でしょう。。

私の説明です、昔からの日本住宅は木が沢山使われています、

純和風住宅では、屋根の破風(専門用語ですいません)

とか外壁に木をあらわしで使いペンキも塗りません、

10年もするといい味わいが出ます、

当然施工さえきっちりされていれば、

100年も腐って無い家は日本に山ほど有ります、

当然ヨーロッパでも同じです。

 

ごくごく簡単に御説明しました、

 

詳しく知りたいかは、見学会でも起こし下さい。

次回の見学会は三雲で2月20,21日の予定です。

 

   御来場有難う御座いました。  感謝

 

 谷本 明久

 

 

 

 

 

次回の見学会の建物のパースが出来ました、

プロが書いたみたいでしょ~、実は私の妻が書きました

  (妻をプロで無いと言うと怒られますが)汗

当社では、家造りはパースから始まります、

お客さんがイメージしやすいので殆ど書いています。

 

パース.JPGのサムネール画像

 

このパースの家の見学会1月23,24日に行います、

菰野町です少し遠いですかね、しかし、

見所沢山有ります、是非来て下さい。

 

若い人が平屋を求める、割高ですが

最近結構増えていますね。

 

 

ドムスの家の特徴???

急にあなたの家はどんな家?

と尋ねられてすぐに答えれませんでした。

 

本日は今月の1月23、24日に行う完成内覧会のチラシを考えていました。

後12日しか有りません、到底間に合いません、(汗)

いつもは考えずに造っているので良いですが、

 

今回は自分がどんな家を建てているか、

自分に問いかける為に考えています。

 

今回考えたのはチラシでなくDMにするかも、

チラシにしては量が多くなりすぎました、

いつもDMが届く人は楽しみにしていて下さい。

 

今回のお家の特徴は (DMの内容)

  • 自然の力だけで冷暖房を使わない家。
  • 夏と冬の太陽の角度も考えて建てました。
  • 風の取り込み方。
  • 出来た時が丈夫は当たり前、劣化しにくい家とは。
  • カビの生えない家。
  • 総桧キッチン。
  • 地熱利用。
  • 70歳80歳90歳になっても住みやすい家とは。

 

DMが届かない人は、当日会場で差し上げます。 (同業者お断り。ゴメンナサイ)

私の今回のレポートかなり分かりやすく書きました、

これを見て社員が一言、何故今まで私たちに教えてくれなかったの?、

わたしは散々教えたつもり、、、

それぐらい分かり易い内容レポートです。

言い換えれば今まで私が難し過ぎただけ。。。?

 

 

P1000143.JPG

 

でもそれを見て分からなかった人、ゴメンナサイ。

当日は補助資料が沢山あります、

私が責任を持って御説明いたします。

 

今回は私も会場に待機するつもりです、(予定)

御質問等お待ちしております、(事前予約可)

 問い合わせホーム、メールでお願い致します。

 

 御気軽にお越し下さい、当日は笑顔でお待ちしています。

 皆様の家造りが成功致しますように。

 

               BY 谷本

 

 

 

 

先ほど住宅関係の新聞を読んでると

面白い記事があったので紹介いたします。

 

 2011年~2016年の間にピークオイルがやってくるのではないか?

と言う話しお聞きになった事は有りませんか、

いわゆるロシア、中国、ブラジル、インドの爆発的な経済成長と人口です。

これまであまり石油、エネルギーを使うことが無かった国が一気に経済成長して、

購買力が増していきます。結果として、石油の需要と供給が崩れ、石油価格が

急上昇していくのではないかと言う話しです。

 

 そのときに一番重要なことは何か?

オール電化、エコ給湯、太陽光発電、地熱利用設備等の付帯する省エネ機器

の投資ももちろん大事ですが、

 これからの住宅に一番大事なのは、高性能住宅です、

冷暖房に関しては無冷暖房住宅です、

 照明は昼間は家の中で暗いところが無く照明を使わなくてすむとか、

省エネ?でなく、使わなくてすむ高性能住宅。

 要するに、住宅性能が高ければ高いほど家庭の経済リスク回避に繋がるのです

 

ドイツでは2012年から1次エネルギー換算で40KWh/㎡の性能の住宅が主になります。

これはオール電化換算する14KWh/㎡、年間電気代が4万円以下の住宅です。

 イギリスでは2016年から「0エネルギー住宅が義務化」されるようです、

日本は1999年に次世代省エネ基準が制定されてから、これまでに一度も有りません。

ドイツでは2012年までで4回の基準変更になっています。

 

 ここでも、わが国が如何に省エネルギー政策を真剣に捕らえていないか、

如何に大企業メーカーの利益が出しやすいものに投資が

なされているかが理解出来ると思います、

 

 これまではハウスメーカー、フランチャイズ主導、生産メーカー主導で住宅のブームは

作られてきたのかも知れません。お客さんも見るとこはそこだったのかも知れません。

 

 しかし、これからは国内を見ても、答えは見つかりません答えはEUヨーロッパ、とりわけ

ドイツの住宅政策では。

 

 当社では、7~5年前からドイツ製の窓、断熱材、樋、ペイント等を

標準使用しています、しかし、日本の省エネ基準に適合出来ず苦労の連続です。

 しかし、性能ははるかに良いのでドイツ製を使い続けます。

 

 

 

心、身体、地球に優しいお食事どころが先月オープン致しました。

 http://r.goope.jp/himeshara/top

私の一押しのお店です、

このお店を紹介するに当たり、一言で言うとロハスなお店です。

 

  BY 谷本

建築途中の現場に行って来ました、ちょうど10時でお客さんからお茶を頂きました。

そのときのお客さんとの会話です。

 お客さん:朝閉め切っている家に入ると暖かい、工事途中で火の気が無いのに??

 私: 火の気は確かに無いです、しかし、地熱が15度前後有りますからこれが暖かいと感じた

  一番の要因だと思われます、外は12月初旬ですが10度は切っています、そうすると5度ぐらい

  温度差があると暖かいと感じるのですかね。 

  生活を始めると料理、照明、人間等の熱でもっと暖かくなると思われます。

 

  さすがに、木製トリプル断熱と、木製サッシのよさを感じた一時でした。

5月30日、桑名にてゆっくり見ていただくために、DMのみの見学会を行いました、チラシをまいて行うとどうしても、リピーターの方と新規の方がだぷってしまい、せっかくお見えになった方にゆっくり見ていただけないので、いつもはゆっくり見ていただけるのですが、嬉しい悲鳴か大勢の方に来て頂き午前中は、玄関に靴が脱げない状況でした、 本当に御来場頂いてゆっくり御説明できずに申し訳御座いませんでした。

 

とても嬉しいことがありました。 

 私が早い時間にお邪魔すると、お施主さん御夫婦と御両親さんがお見えでした、開口一番私に

「本当に良い家を有難う御座いましたと、御夫婦に仰って頂きました」

 私はかなりしゃべるほうですが何も話せずどきまきしました。

しかし、今はその御夫婦の言葉に対し絶対に裏切る行為はしてはいけないと肝に銘じています、

建築は営業~工事~引渡し~アフター等々多種多様に渡りかなりの工程が有ります、本当に大変

なことも有ります、しかし、この瞬間は今までが大変なだけにとても嬉しい瞬間です。

 これは、何度経験しても新鮮で、決意を新たにする瞬間です。

 

            BY 谷本

2009/05/29

電子錠

090521_161334.jpg

 

エコハウス研究会にて、

ようやく性能の良い電子錠が見つかりました。